引っ越しとリサイクル

パソコンやOA機器の廃棄処分

企業の持つ顧客情報が流出したとのニュースをよく耳にします。
データの流出はそれほど大変なことであり、企業の信頼を失墜しかねないものですから、その取扱いには細心の注意が必要です。
最近では、パソコンを一人1台どころか2台以上使用している人もいたりと、オフィスにはパソコンが溢れています。
パソコンには会社の重要な書類が保存されていますが、実はプリンターやコピー機にもパソコンと同様に文書が保存されているのです。
これらを処分するのには、機械の処分はもちろんのこと、情報の漏洩が起きないような信頼できる業者を選ぶ必要があります。
パソコンを廃棄処分としハード的に破壊できればいいのですが、リサイクルとして再利用するのではあれば、データ処理は特に大切になります。

紙の書類の廃棄処分

オフィスのペーパーレスが叫ばれていますが、それでも紙の書類がなくなることはありません。
オフィスの引っ越しを機に、紙の文書をデータ化しようということになるかもしれません。
その際に発生した大量の書類の廃棄が重要な問題となってきます。
自分でシュレッダー処分しようと思っても、とても追いつかない量でしょうし、今は外で燃やすことはできません。
これもやはり信頼できる業者に頼むのがよいでしょう。
最近では、バインダーをいちいち分別しなくても、バインダーごと出せる業者もあります。
専用の段ボールにバインダーのままファイルを入れ封をした状態で業者に渡せば、業者は中身を見ることのなく段ボールごと溶解するので、セキュリティ面で安心です。