オフィス移転は大変

オフィス移転ならではの大変さとは

オフィス移転において大変で面倒なこととはなんでしょうか。
新しい事務所のレイアウト決めや引っ越しの荷造りをはじめ得意先への挨拶など、思いつくことは沢山あります。
引っ越し先への荷物運びだしはもちろん引っ越し業者へお願いしますが、それ以外にはどんな業者が必要なのでしょう。
引っ越しを機に不用品を処分しようとは誰もが思うこと。
しかし、オフィスには以外に処理の困る不用品が沢山あります。
例えば、書類。
単なる紙といえども、書類棚いっぱいのファイルはかなりの分量です。
しかも社外秘の書類などは、燃えるゴミに出すことはできません。
昔なら庭先で燃やして…となりますが、今では禁止されていますし、全てをシュレッダーにかけるとなるとそれだけで何日かかるのか…。
書類以外にもOA機器のデータなど、オフィスには大切な資料が沢山あるのです。

どんな不用品回収業者が便利なのか

不用なオフィス家具の処理も大変です。
リサイクルできるものは業者に買い取ってもらいその他は廃棄処理したりと、その分別も大変なことです。
家庭の引っ越しと違いオフィスの移転では、移転作業に時間をかけることはできません。
移転作業に社員がかかりっきりでは、その間業務が停止してしまいます。
移転でのお客様や取引先への迷惑は最小限に済ませなければなりません。
当然、作業の大半は業者へ依頼することになるわけですが、もし、これがそれぞれ別の業者であったらどうでしょうか。
古紙の回収業者、OA関係の業者、リサイクルの業者、廃棄物回収業者などなど、沢山の業者が毎日のように入れ替わり訪れていたら、その対応だけで大変ですし、日程の調整も大変でしょう。
これらを一つの業者にお任せできたらどんなに便利なことか。
オフィス移転における便利な業者とは、煩雑にある業務に対応できるオールマイティな業者がいいのではないでしょうか。